Keeogo【キオーゴ】とは 


Regain the Freedom to walk

and“Keep On Going


 移動の自由を取り戻し、進み続けよう


カナダで開発され台湾で製造されているロボティック移動支援機器です。keep on going(歩き続けよう)から作られた造語です。


Keeogo にできること


Keeogoでは、軽度から中等度の移動障がいの方に対して下肢のサポートをすることで歩行、走行、階段昇降や跳躍、さらには非対称的な動きであるボーリングやゴルフなどに挑戦することができます。

体験会に参加された後、引き続きKeeogoのユーザートレーニングを行い、キャラバンイベントのウォーキングサッカーに向けてKeeogoとのコラボを練習しています。

デイサービスモデルとして、デイのサービスに加えてKeeogoのユーザートレーニングに取り組まれています。大好きなゴルフに5年ぶりに挑戦された様子です。

脳卒中発症後、日常生活にはそこまで不自由はありませんが息子さんとボーリングがしたい!という願いがあった方です。

Keeogo に期待される効果

Keeogoを使用したトレーニングにて、ユーザーへ以下の効果が期待される考えられます。


中途障がいのある方に対して、外骨格装具としての安定感とA.Iによるサポートによる安心感で、再現度が高く従前に近い目的動作を反復練習可能となります。搭載されているA.Iは基本的な身体動作をもとに構築され、ユーザーの動作をアシストしています。

従前の動き方の想起が可能となって、理想とされる姿勢で目的動作を反復することで、その動作に不可欠な筋が賦活し当該の筋力回復など身体機能が回復させます。

トレーニングを行うことで、目的動作の再現性が高まりKeeogoなしでも動作時におけるストレスが軽減できます。

その他『できること』動画はこちらから⇒

Keeogo を 使ってみたい!!
という方はこちらから      ⇒ 

Keeogo の動作メカニズム

Keeogoは搭載したA.Iが股・膝関節の角度変化をリアルタイムで検出して使用者の動作の
タイプを判断し、適切なアシストを選択して安全な動作の実施を支援します。


・下肢の荷重時に、膝関節の遠心性収縮、伸展運動のアシスト

    足が地面についているときに、体を支える力をサポートします。


・歩行の遊脚相における、膝関節の屈曲と伸展運動のアシスト

    持ち上げた足が地面に着地するまでの下肢の動きをサポートします。

Keeogoとは      ~フィッティング(装着)~

Keeogoの装着はスタッフ1人で10分程度の時間で行うことができます。10分の連続した立位保持が難しい方は、途中座って装着することも可能です。脱着については座位で1分ほどで完了します。
詳しくは動画をご覧ください。

Keeogoとは      ~チューニング(調整①)~

Keeogoは搭載したA.Iが装着者の下肢の動きを検知して、その方の身体能力に合わせた適切なサポートを提供します。
チューニングに必要なサポートのタイミングと量の設定は専門の研修を受けた世界共通のKeeogo認定トレーナー資格を持つ理学療法士が行います。

Keeogoとは      ~チューニング(調整②)~

Keeogo認定トレーナーが装着者の動作を分析し、サポートが必要な部分のタイミングと量を検討し、その方とKeeogoのA.Iが同調しやすいチューニング調整を行うことで、装着者は無理の少ない動作をKeeogoの支援を受けながら実施することができます。

トレーナーを希望する方へ

Keeogoを使用して世界を広げてみませんか 

関連項目

Keeogoカナダホームページ

Keeogo開発に取り組むカナダBTIのホームページはこちらから

Keeogoキャラバン報告

第一回Keeogoキャラバンについての報告はこちらから

米国FDA取得

2020年米国FDAを取得しました。